ログインしていません

芋の達人が教える、紅はるかの美味しい食べ方講座!

芋屋長兵衛商店では自家製の芋を苗から作成しており、芋に関するプロフェッショナルが存在します。

そんな方々に、紅はるかを美味しく食べる食べ方を聞いてみました。

紅はるかの美味しい食べ方

紅はるかをより美味しく食べて頂くために、芋の達人に美味しい紅はるかの食べ方を聞いてみました。

①焼き芋の場合

紅はるかには水分が多く含まれており、何も手を加えず約200〜220℃で過程のオーブンで30〜40分じっくり焼き上げるのがコツ!

しっとりと食べたい方は、アルミホイルにたくさんの穴を開けて、40〜50分焼けば、しっとりとした焼き上がりになります。

オーブンがない方は、少し小さめのさつまいもを選んで、魚焼きグリルで焼いても美味しいです。

寒い冬の時期は160℃〜180℃と少し低い温度でじっくり焼いたり、濡らした新聞やキッチンペーパーで芋を包み、その上からアルミホイルで包んで焚き火や炭に投入すると失敗なく美味しい焼き芋を頂けます。

アルミホイルに穴を空けて、ストーブの上で焼き、甘〜い香りが出てきたら出来上がりです。

美味しい焼き芋を焼くポイントは、「温度」と「水分」です。低温でじっくり焼いて、適度に水分を飛ばしましょう。

焼き芋をするのが面倒な人は、焼き芋を冷凍したお芋のお菓子がおすすめですよ!

756円(税込)

おやついもを購入する

②デザートに使用する場合

紅はるかをデザートに使用する場合は、水分が多いので、濾してスイートポテトやプリンなどにして食べると良いでしょう。

紅はるか本来の芋の甘さが実感できて、砂糖を使わなくてもとっても美味しいスイーツが出来るかと思います。

デザートを作る手間暇が面倒な方は、芋本来の食感を楽しめる芋屋長兵衛商店自慢のスイートポテトや、焼芋本来の旨味を引き出した焼芋プリンで堪能してみて下さい。

432円(税込)

スイートポテトを購入する

432円(税込)

焼芋プリンを購入する

また、よりたくさんのこだわりが詰まって、いろんな味も楽しめるお得なセット商品もありますので、こちらもぜひ御覧ください。